緩い地盤を正して井戸掘りを決行【大きな事故を回避しよう】

災害に備える

地盤工事

東日本大震災により、防災リスクの管理や津波リスクの評価など防災分野の重要性が叫ばれるようになりました。今後はこういった防災分野への拡大が期待されています。地盤調査が役立つでしょう。

More…

安全な生活のために

作業員

これから建物を建てるといった場合は、地盤調査を行なう必要があります。地盤調査を行い問題のある土地であれば、その土地をしっかり改善した上で建物を建てるようにしましょう。そうすることで、安全は保たれます。

More…

まずは調査から始める

住宅

きちんと専門の人にお願いして地盤調査をしてもらわなければ、後で問題が起こる可能性が少なからずあるようです。しっかりと調査してもらい、改良が必要かどうかを見極めてもらいましょう。

More…

改良が必要

井戸

地盤改良工事をする理由

住宅を建築するときに、施工者の方でその土地の地盤調査は行ってくれていますが、その地盤調査は法律で建物の瑕疵があった場合、施工主は10年間は瑕疵について責任を負わなければならないとしています。つまり、土地について瑕疵があった場合でも10年間は施工主が責任を負わなくてはならないため、施工主も地盤調査を行うようにしているのです。ただし、大地震が来たのときに軟弱地盤だった場合は、この10年間の責任は免責されるため、購入者がその支払いをしなければなりません。つまり、災害時は施工主の責任は免除され、例え大地震で土地が軟弱なせいで住宅が崩れたとしても施工主には一切関係がなく、その土地の所有者が自ら修理をしなければならないということです。

改良方法について学ぼう

そのため、住宅の買主は地質調査を行い、問題があれば地盤改良を行わなければなりません。地盤改良を行う場合とは、その土地の地盤が軟弱だった場合です。軟弱だった土地を地盤改良する場合にはその軟弱な地面をとり、人工的に固めた地盤を使用するか、軟弱地盤が深い時にはコンクリートを埋め込んだり、鉄の杭を埋め込んで地盤改良をしてその地盤を強化しなければならないのです。実際に地盤改良をするにはお金がかかります。地盤改良の相場はその土地の5%ぐらいのお金が必要ということです。また、地盤改良をする前に避けたほうが良い土地がある場合は可能であれば避けましょう。例えば水田があった場所や沼地や池があった場所などは地盤が緩いため避けなくてはなりません。そうした場所は、井戸掘りも不可能となるでしょう。時に井戸掘りが必要となりますが、地盤が緩いのであれば改良から進めていく必要があるでしょう。