緩い地盤を正して井戸掘りを決行【大きな事故を回避しよう】

災害に備える

地盤工事

日本列島は、世界でもなかなか見られない複雑で脆弱な地盤の上に存在します。アメリカやヨーロッパに比べて断層や活火山が多く存在しており、そのため地層はとても複雑な構造となっております。そのため日本は昔から豪雨による土砂崩れ、火山や地震の災害などに悩まされてきました。また、豊富な地下水による地盤沈下も無視できません。地盤調査とは、地質専門技術者によるフィールド調査、解析により地盤に含まれるリスクを洗い出すことです。また、リスク管理だけでなく地質に含まれる鉱物や石油などの天然資源の含有量を調べるのも地盤調査の役目なのです。

日本の地盤は前に述べたとおり非常に複雑で、調査によって単一な地盤を見つけるのは非常に困難です。そのため同じ条件で地盤調査を行ったとしても結果が毎回異なっている、といったことが少なくないのです。その原因は地盤の複雑さだけでなく、地盤調査の方法が統一されていないことにもあります。地盤調査の方法は様々であり、業者としては安い方法で調査したいところですが、地盤調査の中には熟練の技術を必要とするものもあり、いつもいい結果になるとはかぎらないのです。この問題を解決するには技術の向上を期待するよりも、地盤調査の方法の統一化を早急に行ったほうがよいでしょう。地盤調査は現在でも多くの問題を抱えていますが、メタンハイドレードや海底に存在する莫大の鉱物の存在が明らかになった現在、非常に重要な分野です。地盤調査の問題が解決されれば莫大な利益が得られるでしょう。